雨漏り被害を受けてしまう前に屋根の防水工事を行なおう

男の人

依頼する業者を探す

ソーラーパネル

群馬県は都心部を除けば比較的高い建物が少ないですし、一戸建て住宅の人気も高い事から、太陽光発電を行うのに非常に適している都道府県の一つです。多くの設置業者が群馬県内にはありますから、太陽光発電の設置を検討しているなら、まずは設置業者を探す事から始めましょう。

家の外壁を塗り替えよう

ペンキと刷毛

外壁塗装業者への依頼は、乾燥しにくい高湿度の夏や気温の低い冬は避けましょう。また、仕上がりを具体的にイメージし業者と共有することが、塗装工事成功のコツです。名古屋ではこうした業者の利用は、経年劣化の予防のための塗り直し、リフォームの際の新調、などが目的であることが多くなっています。

雨漏りの回避のために

屋根

亀裂が小さいうちに

空から降ってきた雨は、屋根で受け止められ、そこを流れて雨どいへと入っていきます。これにより住宅内に雨が入ることが防がれているのですが、長年に渡って何度も雨を受け止め続けることで、屋根は徐々に劣化していきます。また、日光による乾燥や、気温の変化による収縮も、劣化の原因となります。劣化すると屋根には亀裂が入り、うまく雨水を受け止めることができなくなります。すると亀裂から雨水が住宅内に入っていくのですが、これがいわゆる雨漏りです。雨漏りを防ぐためには、劣化した屋根を補修するという防水工事が欠かせません。亀裂が大きくなればなるほど雨漏りのリスクは高くなるので、防水工事は亀裂が小さいうちにおこなうことが肝心とされています。

亀裂を埋めるシーリング材

屋根は、コンパネと呼ばれている板の上に防水シートを張り、その上に瓦やスレートなどを敷き詰めることで作られています。劣化して亀裂が入るのは、この瓦やスレートなので、防水工事はこれらを補修することでおこなわれています。具体的には、シーリング材と呼ばれている、シリコンなどで作られた特殊な接着剤を流し込むことで、亀裂を埋めるのです。シーリング材には撥水性があるので、これで亀裂を隙間なく埋めれば、そこから雨水が入ることはなくなります。亀裂を放置しておくと、そこから入ってきた雨水で、防水シートやコンパネも劣化します。この場合は、瓦やスレートなどを剥がした上で、これらを交換することになります。屋根そのものの交換が必要となることもあるので、そのような大掛かりな修繕を回避するためにも、多くの人がこまめに防水工事をおこなっています。

災害対策や防犯できる会社

作業員

住宅は環境や災害で劣化するのですがオンテックスでリフォームすると大丈夫です。熱を遮断する瓦や地震の負担を軽減する瓦を使っています。泥棒被害が怖いならこちらもオンテックスの防犯対策で対応できるので覚えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加